原油価格高騰ー21日の原油価格(終値)は結局反落

 22日のアップもやや遅かった。でも、昨日は終値があったから、ちと残念。目くじらを立てるほどでもないが。天気は一転悪化。気温も低いが、まあ、冬だから。

 21日の原油価格(終値)は結局反落。20セント下げ、バレル当り58.34ドルになった。冬場需要期なのにね。株は下げ、ドルは強いまま。金融要因は弱気。

 ブレントも反落。26セント安の64.59ドル。WTIより下げ幅が大きかったのは、投機のブレントらしくない。まあ、それでも、未だ64ドル台半ば。大したもの。

 金は結局僅か反落。2.4ドル安の1557.8ドルになった。高値は続伸。7.4ドル上げ1568.8ドルになった。金融要因はミックスだったが、未だ1500ドル台は凄い。

 22日午後の取引は、原油も金も続落中。原油が31セント、金が7ドル下げているのだ。原油については、天然ガス先物も低迷中だし、お天気次第かも。

"原油価格高騰ー21日の原油価格(終値)は結局反落" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント