28日寝際の原油価格は更に上昇

 28日寝際の原油価格は急騰している。それでも、最高値からは下げている。アジア、ヨーロッパ、そしてアメリカと株価が急騰する一方、ドルが対ユーロで弱含んだせいだ。特にヨーロッパの上昇振りが凄かった。

 WTIは、何と一時100ドル半ばまで上伸した。今も、2.03ドル高のバレル当り98.80ドルと高い。投機による上げが続いている分けだが、それにしてもひどい。

 投機のブレントは2.23ドル高の108.83ドルだ。一気に108ドル台を超え、109ドル目前だ。低迷したヨーロッパ経済は更に苦しむことになる。そして、異様に高いエネルギー価格が冬場の庶民を襲う。

 金も更に上がって29.5ドル高のオンス当り1715.2ドルとなった。1700ドル台が維持されている。最高値は1722.4ドルだ。投機資金が金に戻りつつあるようだ。



下記アメブロで原油価格暴騰とイスラムをテーマにした小説「月の欠片」を連載中です。ぜひ一度覗いて見てください!
http://ameblo.jp/kappakawataro/

アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック