22日、寝際の原油価格は急上昇

 寝際に価格情報を覗いたら、原油価格は急上昇していた。おかしい。正確には需給からすればおかしいということだ。アメリカ政府の石油統計が発表となり、原油在庫が予想より多く取り崩されていたというのだが、それはおかしい。

 確かに原油在庫は先週より170万バレルの減少となっている。しかし、石油在庫の絶対水準は昨年同期とほぼ同じだし、平均的水準よりは遥かに多いのだ。それに何よりも石油需要が減退している。

 それでどうして強気要因になるのだと首を傾げる。株式市場はヨーロッパでは低調だったが、アメリカでは上がった。それにドルが対ユーロでジリジリと下げている。またまた株、為替の二大金融要因か?ひどいもんだ。

 WTIは、65セント高のバレル当り94.82ドルまで上昇した。投機のブレントは、2.25ドル高の113.2ドルまで急騰し、オマーンも2.07ドル高のこちらは、107.70ドルになっている。誠にひどい。

 金先物も急騰した。12.2ドル高のオンス当り1558.6ドルとなり、終に、終値ベースの史上最高値1557.1ドルを上回った。ただ、日中最高値の1577.4ドルには至っていない。しかし、それも、もう目前だ。

 投機は踊るか?世界経済、一般消費者にすれば、困ったものだ。先物市場は、健全な環境の中で、健全なリスクヘッジを行う場ではなかったのか?一部の者だけが不当、不公正に儲ける場であってはならない、と思うが。


下記アメブロで原油価格暴騰とイスラムをテーマにした小説「月の欠片」を連載中です。ぜひ一度覗いて見てください!
http://ameblo.jp/kappakawataro/

アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック