13日、寝際の原油価格は上昇

 寝際に価格情報を覗いたら、原油価格は上昇していた。アメリカの政府統計でも原油在庫が増えたが、ガソリン在庫が大幅に減った。溜出油も減った。これが強気材料だったのだろうか?

 株高、ドル安と二大金融要因が強気だったから、それも効いたか?またまた、リビア情勢を懸念したか?NYMEX/WTIは、81セント高のバレル当り107.06ドルになっていた。

 ブレントは122.51ドルだ。相当にしぶとい。おっと、しかし、WTIが今は62セント高の106.87ドルへとジリッと下がった。ブレントは122.13ドルだ。あるいはアメリカの原油在庫減が今頃効きはじめたか?

 まあ、明日の朝にフォローしよう。



下記アメブロで原油価格暴騰とイスラムをテーマにした小説「月の欠片」を連載中です。ぜひ一度覗いて見てください!
http://ameblo.jp/kappakawataro/


アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック