8日、夜の原油価格は少し安い

 午後9時過ぎに価格情報を覗いたら、原油価格は低下していた。ただ、正確に言えば、アジアの参加者が中心の時には低下していたが、ヨーロッパへと中心が移った直後には急騰してそこから下がり始めたということだ。

 NYMEX/WTIは、21セント安のバレル当り73.88ドルだった。不思議なくらい高い水準が続いているが、それでも、ヨーロッパで株価が上げ、対ユーロでドル安となっている中では、良く下がっていると言うべきか。

 ヨーロッパのブレントはもろに株価上昇の影響を受け、未だ77ドル台という高い水準が維持されている。本当におかしい。

 困ったものだ。今日は、アメリカで民間の石油週報が発表となる。需給のファンダメンタルズは都合の良い時だけ、投機家に利用されることが多いが、一応、その結果は注目だ。さて、どうなることやら。

 事故も強気にだけ使われて、その後の価格は高いまま、それっきりだ。メキシコの事故も結局そうだった。困ったことだ。やがて、世界の消費者の負担が増えるだけだ。



下記楽天ブログで原油価格暴騰とイスラムをテーマにした小説「月の欠片」を連載中です。ぜひ一度覗いて見てください!
http://plaza.rakuten.co.jp/kappa3815/



アンケート、「100ドル原油時代はまた来るか?」に、ぜひ投票のほどを! http://blog.with2.net/vote/?m=v&id=17487

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック